グラフィックデザイナーをしています。日々気になるコト、モノ、ヒトなど綴っています


by monaca-333

真っ赤フレンチ

先月、数年ぶりにプロの方にネイルしてもらったら

とっても気持ちがあがった。

女子ゆえに、こういう感覚大切にしたいな〜と思った。

とはいっても、お手頃価格で、できるところまで・・・というのが条件。

c0193887_1445553.jpgなので選択範囲は狭い・・・(笑)

今回は真っ赤なフレンチに挑戦。

真っ赤なネイルってあまりしないから

私の中ではちょっと新鮮だったのですが

周囲からは賛否両論(笑)

来月はどんな感じにしてもらおう〜♪
# by monaca-333 | 2010-02-04 13:46 | 気になる コト

西南西を向いて

今年の恵方巻き。

仕事から帰ってきての巻き寿司、かんぴょうを煮たり・・・

そんなに時間もかけられないから(お腹空いちゃって(笑))

アボカドを使ってカリフォルニアロールに。

c0193887_1340252.jpg今日はと〜っても寒いから、

あたたかい豚汁と一緒にねっ。

ほぼ!?西南西の方向を向いて、

無言でいただきま〜す♪
# by monaca-333 | 2010-02-03 23:36 | おいしい モノ

2本目

c0193887_13334766.jpg

『ゴールデンスランバー』

今年は1ヶ月に1本が精一杯かな〜なんて考えながら観に行ってきました。

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『チーム・バチスタの栄光 』

『ジャージの二人』

『フィッシュストーリー』

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

こう並べてみると、中村義洋監督の作品なにげに観ているようです・・・私。

なかでも『アヒルと鴨のコインロッカー』は好きな作品。

そして今回の『ゴールデンスランバー』は

『アヒルと鴨のコインロッカー』と同じくらい好きな作品となりました。

両方の作品に共通するのが時間軸。

この監督の作品って、とっても時間軸を上手に使うな〜と思います。

この時間軸に振り回されてしまうと

何が何だかわからないストーリーになってしまう作品、意外と少なくないのですが

あ〜っ、だからこうなのかっていうのが、

観終わった後ではなく、観ている中でしっかり理解できる。

今年もこういう作品にいっぱい出会えるといいな〜♪
# by monaca-333 | 2010-02-02 12:58 | 映画の コト

お酒断ち

今日から2月。

本日より、とりあえず2月いっぱいの間“お酒”断ちます。

はっ、宣言してしまいました〜(汗)

昨年、1日休まず1杯なり2杯なり・・・時には数杯なり飲んでおりました私、

飲まないでいられる日が果たしてあるのだろうか・・・という心配と

今年こそ本気でダイエットに励むぞ〜という意気込みと

両方あわせて強い決意を固めました(笑)c0193887_12555016.jpg

あたたか〜いお茶をこよなく愛する女子へ、

ただいまより変身いたしま〜す♪

なんちゃって(笑)

どこまで続くやら〜

しばらく見守ってやってくださいな。
# by monaca-333 | 2010-02-01 12:49 | 気になる コト

サフランのお酒

数年前、新潟県十日町へ訪れたとき、

偶然寄った酒屋さんで、ホコリをかぶりながら置いてあったお酒

『機那サフラン酒』という名のお酒。

サフランでできたお酒は珍しくて、

ウチにはこの2本しかないんだけど・・・と店主。

確かにサフランでできたお酒って聞いたことないな〜と思ったのと

とにかくこのレトロで豪華なパッケージに惹かれて、お店にあった2本を購入。

箱を開けてみると、ラベルのデザインもとってもステキ。

このサフラン酒というお酒、明治時代につくられたのが始まりだそうで

昭和初期にはハワイまで運ばれたことがあるらしいのです。

パッケージにある英語の説明に思わず納得。

当時は養命酒と二分するほどの人気があったそう。

そしてこちらのお酒をつくった吉澤仁太郎氏(初代)の酒造にある土蔵には

色鮮やかな“鏝絵”(左官職人が鏝で描いたもの)が描かれているそうで

とっても希少価値のあるものなんだそう。

んん〜っ、見に行ってみたい。

旅の途中、ひょんなことから、ひょんなシロモノに出会い、

またそこからひょんな旅が始まりそうな・・・

旅や出会いっておもしろいっ。これだからやめられないっ♪

c0193887_1159857.jpg
# by monaca-333 | 2010-01-31 11:58 | ・・・・ モノ

ドキドキ漬け

c0193887_12412335.jpg母と一緒に東京ビッグサイトへ

行ってきました。

毎年この時期に行なわれる、

世界中からジュエリーが集まる

「宝飾展」

昨年初めて訪れた時は、

あまりの会場の広さに

しばし言葉を失ったほど。

今回はしばらく里帰りしていた

妹と姪っ子を、東京駅で見送り

それから向かったので、

短い時間の中で少し眺める程度と思っていたのですが

そんな時ほど、出会いがあったりするのですよね〜。

私好みのピアスを見つけてしまいました♪もう今回はこれだけで大満足。

「宝飾展」も終わり間近に、会場に訪れていた母の友人たちと合流して

月島でスペイン料理をいただくことに。

昨年もこのコースを辿るはずだったのですが、予約でいっぱいと断念。

なので、今年はリベンジ。

月島といえば、私の中のイメージはもんじゃ焼き。(定番すぎ!?(笑))

今回はもんじゃ焼きのお店がならぶ通りとは反対側の、少し暗〜い路地に入り、

倉庫のような大きな建物がスペイン料理のお店。

『月島スペインクラブ』

扉を開けると、外の暗さとは対照的なキラキラした(イメージ(笑))照明に

天井の高〜いとっても開放的な店内に、久しぶりにドキドキ。

こういうドキドキを感じるとき、あ〜っやっぱり東京ってと思ってしまう。

念願のスペイン料理、と〜っても楽しみにしていました。

そして、と〜っても美味しかった〜!!

パエリアはもちろん、イベリコ豚の生ハムだったりにんにくのスープだったり

そしてなによりオリーブオイルが美味しい♪パンにた〜っぷりつけて。

c0193887_12442655.jpg

6人で囲んだテーブルは、美味しいお料理とともにとっても賑やかでした。

私と母はしっかりワインを1本あけて・・・ねっ(笑)

楽しい時間はあっという間、みなさんとはここでお別れ。

私と母は東京駅へ。

地下鉄で移動していたのですが、1月とは思えないほど暖かかい今日、

それなら有楽町の駅から東京駅まで歩こうということになりテクテク。

ほんの少しだけ冷たい風が心地いい。

東京駅へ近づく頃、とってもステキな明治風洋館を発見。

吸い寄せられるように近づくと、洋館の先にはイルミネーションで輝く中庭が。

そこにはまだオープンして間もないカフェがあり、

母と私、思わず顔を見合わせ、寄っていこうということに。

お店の名前をど忘れしてしまいましたが・・・

暖房完備のテラス席で、カフェとありながら、またもやワインをいただくことに。

私も母もホント飲みすぎ(笑)

c0193887_1245171.jpg夜のこちら、

と〜っても静かで、

ライトアップに

照らされる洋館が、

まるで外国に

いるかのような気分に。

お店の方曰く、昼間より夜の方がオススメです・・・と。

またまた心がドキドキ♪

今日1日、ドキドキ漬けな時を過ごした私・・・

陽のエネルギーがいっぱい体内に入ってきた気がします。
# by monaca-333 | 2010-01-30 10:17 | おでかけの コト

まんまる

ま〜んまるお月さま

暗い夜道を照らしてくれてありがとう。

c0193887_10141014.jpg

# by monaca-333 | 2010-01-29 10:12 | ・・・・ モノ

お馬さんのオイル

c0193887_1022168.jpg肌のカサカサ・・・

どうにかならないものでしょうか・・・

この悩み、切実です・・・

最近は以前IKKOさんがTVで紹介していた

薬師堂の「ソンバーユ」 を使っています。

髪の毛からお肌まで全身に使える

とっても万能なオイル。

肌に優しい塗り心地、サラっとはしないから

どちらかというと寝る前向きかな〜。
# by monaca-333 | 2010-01-28 10:01 | ・・・・ モノ

外カリッ

群馬の銘菓になるのでは・・・と話す方がいらっしゃるほど、

良く売れていますね〜。

おおみやさんの「かりんとうまんじゅう」

平日は50個までの購入が可能なこちらのおまんじゅう、

開店から1時間もすれば売り切れなコトも・・・。

外はカリッと、まさにかりんとうそのもの。

中はおまんじゅうの食感と餡、不思議なほどマッチしているのです。

濃い〜いお茶といただくと、さらに美味しい♪

近くを通るとついつい寄りたくなるお店です。
c0193887_0373363.jpg

# by monaca-333 | 2010-01-27 00:27 | おいしい モノ

見た目も香りも

これはもう、私の中にある乙女ゴコロをくすぐらないはずがないっ・・・

c0193887_0222668.jpg見た目も香りもお気に入り♪

小瓶をかたどったキャンドル
# by monaca-333 | 2010-01-26 00:21 | ・・・・ モノ