グラフィックデザイナーをしています。日々気になるコト、モノ、ヒトなど綴っています


by monaca-333

カテゴリ:旅する コト( 45 )

北京の旅 ー1日目ー

◎『北京(中国)4日間の旅』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2009.2.19(thu)

自宅→ 成田空港→成田発(PM5:25/ANA NH955) → 北京着(PM8:30)

→ 『NEW WORLD HOTEL BEIJING』(北京新世界酒店)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今日から両親と3人で北京。お昼近くに出発し、車を走らせ成田空港へ。

成田近くのドライブインで昼食をとっていたら、モデルの小泉里子さん発見。

顔が小さくて足が長〜いなんて思いながら、ほぼ凝視(笑)

順調なドライブのおかげで、早々と成田空港に到着。さてどうする〜?と母。

c0193887_17323781.jpg

第2ターミナルだとショッピングも楽しめるけど、今回は第1ターミナル。

さっさと免税店へ行っちゃおうと!両替を済ませ(1元=15.51円・・・高っ!)、

TUTAYAで本(機内用)を買って、早速チェックイン。

ここでびっくりしたのが、自動チェックイン機なるもの・・・。

今までは受付カウンターでのチケット発行で、座席指定も融通がきかなかったけど、

まとめて人数分のチケット発行ができて、

嬉しいことに、自由に座席指定ができるスグレモノ。(今はこれが常識?)

操作に手惑いながらも座席指定完了。

免税店でのショッピングもあっという間に時間が過ぎて搭乗口へ。

c0193887_17345135.jpg

さ〜て、ここらへんから私の具合が悪くなる・・・(笑)

実は飛行機恐怖症なものでして〜、それも極度の・・・。これだけ恐怖心があると、

逆に飛行機の操縦の上手さ加減を見抜く力が鋭くなってしまうんです。

離陸はなかなか上手でしたよ〜、パイロットさん♪

今回は、飛行中お酒を飲んだせいか、恐怖感と緊張感が少しほぐれたみたいで、

機内食も完食。航空会社が日本ということもあったのか、とても美味しかった。

以前は機内食はもちろん、c0193887_17535975.jpg
水も飲めない程の怖がりよう・・・(涙)

お酒のチカラってスゴ〜い、劇的変化(笑)

そして座席前のモニターでの映画鑑賞が

さらに気持ちをリラックスさせたみたい。

私と母は『おくりびと』、
c0193887_17545249.jpg
父は『レッドクリフ』を鑑賞。

途中少し揺れたり、着陸で滑走路が

凍ってたせいか、機体が左右にフラフラ〜と

冷や汗場面が何回か。でも無事着陸(汗)

北京へ到着〜!!日本との時差(−1時間)

飛行機から降りると、凍っていただけあって、

冷やぁ〜っと寒い。気温はマイナス。

北京空港は、昨年のオリンピックのせいか、

ピカピカで、まばゆいほどに美しい。

c0193887_18124087.jpgc0193887_18285313.jpg

私たちツアー客はロビーに集合し、一行は夜の空港を後にして、バスへ。

今回の旅のガイドさんは、私より1つ年下の男性で、名前は「陳」さん。

流暢な日本語を聞きながら、私は窓の外を・・・。高層ビルが建ち並ぶ・・・。

想像してた北京(中国)とは違うな〜なんて第一印象を抱きながら、ホテルへ。

c0193887_18353934.jpgc0193887_18384821.jpg

ホテルは『NEW WORLD HOTEL BEIJING』、漢字で『北京新世界酒店』。

日本語読みすると、なんだか酒屋に泊まるみたい〜。

超!格安ツアーだけど、ホテルは五つ星らしい。

北京一の高層ホテルなんだそう・・・。確かに高いっ!!

寒すぎてこの時期北京を訪れる人は少ないんでしょうね(笑)

c0193887_18361542.jpgお部屋も綺麗で広さも◎

ただ、3人だと1人がエキストラベッド・・・

暗黙の了解で私が(笑)

さあ、明日からみっちり観光!

さっさと寝ましょう。

おやすみなさ〜い
by monaca-333 | 2009-02-19 16:27 | 旅する コト

準備完了

c0193887_21265929.jpg明日から4日間

中国は『北京』へ行ってきます。

久しぶりの海外♪

でも今回の旅は、けっこう過酷かも〜。

この時期極寒の北京・・・(笑)

最低気温はもっぱら−10℃前後・・・。

スキーに行くような荷物をトランクへ。

写真の中央にいるぬいぐるみは

『パラッパラッパー』

ちょっと時代を感じますよね〜(笑)

ゲームが好きというわけでなく

ず〜っと昔のマックのおまけでいただきもの。

以来この子は私の旅仲間!?

いつの間にか、旅のお守りのひとつに。
by monaca-333 | 2009-02-18 21:31 | 旅する コト
かつて日本の経済を支えていたエネルギー源は「石炭」でした。

北海道は戦後、国内最大の「石炭」の生産地でもあり、多くの人が働いていました。

なぜ、こんな書き出しかというと・・・、

今日電車に隣り合わせた、80歳のおばあちゃんが、

実は昭和44年まで、この北海道の炭鉱街に住んでいたのだと。

旭川市の少し先、「赤平」というところに。

しかし時代は進み、エネルギー源が「石炭」から「石油」に変わったのと同時に

炭鉱街から人は去り、それぞれの家族は日本各地バラバラに住居を構えたのだそう。

でも、昔は隣近所皆家族。そんなつきあい方をしてきたおばあちゃんたちは

当時の隣近所の家族たちがバラバラになっても、誰かに何かあれば駆けつけて

みんなで助け合って生活をしてきたのだと話してくれました。

しかし年月が流れるのと同時に歳も重ね、もう何人も送り出してしまったと。

今日は神奈川県に住む当時のお隣りさんが、入院してしまったと聞き、

「知らん顔はできないんだよ」だから駆けつけるんだと話してくれました。

しばらくすると、バッグの中からゴソゴソと、小さな袋を取り出し

中から真っ黒な飴を私にくれました。

「塊炭飴」というのだそう。見た目はまるで石炭、味はニッキ。

当時、赤平で菓子店を営んでいた主人が「赤平」に相応しいお菓子をと作ったそう。

「塊炭」というネーミング、これは石炭の価値をあらわすもので、

一番良く燃え、黒く光る石炭を「塊炭」と読んだのだと教えてくれました。

おばあちゃんと話している時間がとても心地よく、私が下車するまでの間

ず〜っと、色々なことを話してくれました。

私の知らない時代、当時の生活、人との関わり合い・・・

大切なことをいっぱい話してくれたおばあちゃん。

おばあちゃんからいただいた飴に色々な歴史や思いが詰まっていて

感慨深く、なんだか食べてしまうことができず

大切に持って帰ってきてしまいました。

これがその飴・・・

c0193887_21492411.jpg
by monaca-333 | 2009-01-19 21:50 | 旅する コト

まさかの2回目

本日、今シーズン2回目のスキー。c0193887_20515024.jpgc0193887_2052717.jpg

昨晩両親からの突然の誘いに「行く!」

朝、日の出とともに越後湯沢へ出発♪

最近は、毎年吹雪続きだったので

太陽の下でのスキーは久しぶり。

午後からの天気予報が雪だったのでc0193887_2052298.jpgc0193887_20524317.jpg

晴れてるうちにいっぱい滑ろう!と。

今年還暦を迎える父が良い滑りをする!

なんだか急にレベルをあげたよう・・・

難関なコースにも果敢に挑戦し

母と私は、必死に後を追う感じ(笑)。

そんなわけで、午前中とばしました。おかげで午後は足フラフラ、膝ガクガク。

それでも目一杯滑りきり、今シーズンのスキーはきっとこれで最後であろう?

今日1日を、行きも帰りも運転をしてくれた父と、

今回も、朝早くからおにぎりを作ってくれた母のおかげで

満喫して楽しく過ごすことができました♪ 二人に感謝です。
by monaca-333 | 2009-01-12 22:49 | 旅する コト
家族で「越後湯沢」へ、1泊2日のスキー&温泉旅行。

毎年こちらで新年を迎えるのが恒例となりました。

今年は雪が少なく、スキー場のオープンが遅れ、心配していましたが

年末ギリギリに寒波到来!

おかげでスキーと温泉、満喫できました。
by monaca-333 | 2009-01-01 18:50 | 旅する コト