グラフィックデザイナーをしています。日々気になるコト、モノ、ヒトなど綴っています


by monaca-333

カテゴリ:旅する コト( 45 )

贅沢焼肉 ー in Hawaii ー

ネーミングがいかにも日本ですが、中もしっかり日本の焼肉屋さん(笑)

・・・スタッフもほぼ日本人。

日本の著名な方も多く訪れるようで、店内はサインや写真が壁に。

話には聞いていたのですが、こちら、少々、いやだいぶお高いです・・・。

まっ今回は、ハワイに来る事もそうそうないし、

せっかくこういう機会だから〜という、都合のいい言い訳をたっぷり胸に、

いただきてしまいました〜。

c0193887_153146.jpgc0193887_15311451.jpg

お塩でいただけるほどの(タレも用意されましたが)

と〜っても柔らかくて美味しいお肉に、目がまんまる。

そしてこちら、ワインも豊富。

グラスワインでの注文だったので、正直どうかな?と思ったのですが

グラスワインでこれだけ美味しいワインをいただけるのなら言うことなし♪でした。

ハワイ滞在中、一番贅沢な夕食となりましたが(笑)これもまた良い経験。
by monaca-333 | 2010-03-21 17:49 | 旅する コト

冬の波 ー in Hawaii ー

続いて向かうのは『ワイメア ビーチ』

サーフィンの聖地ノースショアでも、最もサーファーに愛されるビーチなんだそう。

私はサーフィンをやらないので、それがなぜかはよくわかりません・・・。

でも、スポーツを観たりするのは好き。

そしてせっかく、波の高い冬場のノースを訪れているので、ぜひと思い。

“The BUS”に乗り『ラニアケアビーチ』から『ワイメア ビーチ』まで20分ほど。

c0193887_1550558.jpg

『ワイメア ビーチ』には、芝生がいっぱいのビーチパークがあって

お弁当もって出かけられたらとっても楽しそうな雰囲気。

c0193887_15363020.jpg偶然にも大会が

開かれていました。

ビーチに座りながら、

のんびり観戦♪

良い波を、いまか今かと

待つ姿・・・。

c0193887_0264860.jpg

波乗りっていうのは、忍耐力も必要なんだろうな〜と思ったりもして。

c0193887_15352675.jpg

それにしても、外国の方って海での楽しみ方が上手だな〜。

ビーチタオルを敷いて、本を読みながら日光浴をする姿はいつだって憧れる。

こちらにもそんな寛ぎ上手な方がいっぱい。

結局、私が観ている間は、あまり良い波もこなかったようで

残念ながら、興奮するようなシーンには遭遇できませんでしたが

ボディーボードとサーフィンを生で観れたのは、旅の収穫のひとつでした。

c0193887_16375934.jpg
by monaca-333 | 2010-03-20 17:15 | 旅する コト
ノースショアにあるハレイワタウンから“The BUS”で『ラニアケア ビーチ』へ。

とってもわかりやすい停留所のある『ラニアケア ビーチ』は、車と人でいっぱい。

こちらへ訪れた目的はひとつ、ビーチへのお客様?主?に会いに。

バスを降りてビーチの右側へ向かうと、いくつかの人の集まりが点々としていた。

c0193887_23514014.jpg

そのひとつへ私たちも向かう。

人間の目の高さには、美しい海が広がりとってもきれいで気持ちがいい。

でも、ちょっと目線を下に落とすと、そこにはかわいいウミガメさんの姿が。

c0193887_23525448.jpg

私、ウミガメさんにお会いするの初めてなのです。

c0193887_092077.jpg初めまして。

10年くらい前から、

こちらでウミガメの姿が

見られるようになったんだそう。

ん〜、確かに前回訪れた時は

ウミガメのウの字も

なかったような・・・。

そんなウミガメさん、

午後はもっぱら日光浴なんだとか。

でもねっ、周りを囲むウミガメより

圧倒的に多い人の数。

ウミガメさんにとってはこの状況がとっても疲れるらしい・・・。

なので、常にボランティア団体の方がウミガメから一定の距離にロープを張って

ウミガメと、ウミガメの行動範囲を保護している。

c0193887_015449.jpg

私たちもソッと遠くからごあいさつさせていただきました。

これからもハワイの方の守り神、ウミガメさんが

多くの方から愛され、大切にされていくことを願うのでした・・・。

c0193887_0192691.jpg
by monaca-333 | 2010-03-19 18:05 | 旅する コト
今、ノースショアのカフクで捕れるシュリンプが人気なんだそう。

どの雑誌にもそう書いてあったから、きっとそうなんだと思う・・・(笑)

こちらをガーリックで炒めて、ガーリックシュリンプとしてでいただいたり、

味付けは、それぞれのお店で様々。

日本でいったらB級グルメといったような感じで、

ワイキキでもいただけるお店があるのだそうだけど、

せっかくなので、カフクまでは行けなかったけど、ハレイワにあるこちらのお店

『マッキーズ カフク スイートシュリンプ』で、いただいてみました。

c0193887_20223959.jpg

「レモンペッパー」や「ココナツ シュリンプ」など、色々な味があるなか

私がいただいたのは「バター ガーリック」

c0193887_2021278.jpgひゃ〜〜っ美味しいっ!!

殻をひとつひとつ

取っていかないといけないので

食べづらさはあるけれど、

めちゃくちゃ私好みなお味です♪

いや〜、これは久々に

グッとくる美味しさでした。

満足〜♪満足〜♪
by monaca-333 | 2010-03-18 19:15 | 旅する コト
私にとっては前回のリベンジ♪

ノースショアへ向かう途中に『ドール プランテーション』へ立ち寄りました。

c0193887_198487.jpg

“ドール”という響きも、ロゴマークも、日本でも有名ですね。

こちらでパイナップルのソフトクリームをいただくのが楽しみだったのですが

c0193887_1992569.jpgあいにくのスコール。

日本の雨とは違って、短時間に降って

止んでを繰り返すのですが、

降るごとに気温は低くなるようで、

宣言通りパイナップルのソフトクリームも

しっかりいただきましたが

あまりの寒さに

半分いただくのが精一杯(泣)

その後、少し雨が止んだので、

施設内にある機関車「パイナップル・エクスプレス」に乗ってみました。

機関車の前方は英語の解説車両らしく、後方が日本語の解説車両だそうで

私たちは自動的に後方の車両へ。

発車と同時に日本語アナウンスが流れて、解説が始まった。

c0193887_19121685.jpg

機関車は、パイナップル畑を時速3.2kmほどの速さでのんびり走るのですが、

実際に実っているパイナップルを見れたり、

c0193887_19124061.jpg

パイナップルを収穫する大きな機械があったり

途中には、コーヒーの木や、バナナが実っている木もありました〜。

そんなゆるゆるな景色を眺める時間が、とっても気持ちよかった。

次回はもうちょっと美味しくソフトクリームを食べられる時期に訪れたいな〜。
by monaca-333 | 2010-03-17 18:16 | 旅する コト

12年前 ー in Hawaii ー

c0193887_1534510.jpg

12年前に、母と“The BUS”を使って訪れた『ノース ショア』

無謀にも、ワイキキに残ってのんびりすると言った、

唯一、英会話のできる妹をおいて・・・。

だもの〜、珍道中になるのは間違いなく・・・(笑)

停車するバス停を伝えてくれる放送はいっさい聞き取れず、

途中の『ドール プランテーション』はあっという間に通り過ぎ・・・

周りの乗客の方に助けられながら、無事『ノース ショア』で降りたかと思えば

お店には日本語を話せる方がいる・・・ワイキキのイメージで行った私たち。

たった一つのサンドウィッチを買うのにも、ドッと疲れが出てしまう・・・。

当時は全くと言っていいほど日本人観光客を見かけなかった。

そんなテンパッた状態だもの、チップを忘れて嫌〜な顔をされる始末。

それでも私も母も、もう帰りたいっ!ヤダ〜っ!ていうのはなくて、

そんな異国の世界、異文化に苦しめられながらも結構楽しんだ。

『マツモト ストア』に立ち寄れば、レインボーシェイブアイスに感動したり、

ビーチにあるシャワーが、日本と違うと言ってみては写真を撮ったり、

ワイキキとは違ったローカルな町並みが新鮮だと思えば、二人ではしゃいだり。

そして、英語しか話さないお店のスタッフと格闘しながら

お目当ての品物を買ってみたり。

・・・しかし帰りのバスには困った。

当時も今も変わらないのが、日本のバス停には当たり前のようにある時刻表が

ハワイのバス停にはない。

母と訪れた頃は、1時間に1本しか走っていなくて(今は30分毎に運行してるそう)

乗り過ごしたら大変っ!!

って、ここはハワイ、ハワイ時間なるものがある。

とんでもない時間にバスはやってきた。

バス停近くのお店の中で雑誌を眺めていた私たち、それはもう慌てて・・・

ゆっくり進み始めたバスを必死で止め、どうにか乗り込むことのできた私たち

席についてしばらくして、やっとホッとして母を見ると、

母の手にはさっきまで眺めていた雑誌が握られていた。

「お母さん、これっ・・・」と言った私に「わぁぁぁ〜、どぉ〜しよ〜っ」と母。

なんと、あまりに慌てて、お店にあった雑誌を握ったまま

バスに走り込んでしまったのです。

笑いごとじゃないけれど、こらえきれず、二人で大爆笑。(非常識よね〜)

でも、母は笑いながらも複雑な表情で・・・少なからず自分を責めていた。

何度も「戻った方が・・・」と話していたけれど、

「もう仕方ないよ、バスの時間も、戻り方もわからないし」非情にも冷静だった私。

・・・でも、長い帰り道の間に、徐々に元気を取り戻していましたけどねっ。

そうそう、バスの中で携帯電話を持っていた私。

隣に乗っていた母子が、私の携帯に興味を持ったようで、色々話しかけてきた。

最初は、ペラペラ早口で話してくる英語を

バスの中で携帯を持つなと言われているのかな〜と、勝手に想像してみて

謝ってみたり・・・I,m sorry.

・・・でもどうやら違う。

今度は、当時はハワイで小型な携帯を持っている人も

そんなに多くなかったみたいだったから(日本の携帯も昔は大きかったですよね)

使ってみたいと言っているのかな〜と思い、貸そうとしてみたり・・・。

・・・でもこれも違う。

そんなこんなで、噛み合ない&絡みきれないままバスは終点に到着。

隣の母子とも、にっこり「バァ〜イ!」と半ば強引に別れを告げ

母と私の『弾丸ノース ショアの旅』は幕を閉じたのでした。

ワイキキで待つ、父と妹への溢れるほどの土産話は・・・言うまでもなく(笑)
by monaca-333 | 2010-03-16 15:31 | 旅する コト
日本からインターネットを利用して、到着日の午後に

「ホェール ウォッチング」のオプショナルツアーを申し込みました。

集合場所まで迎えにきてくれたツアーバス、

船乗場のあるケワロ湾まで送迎してくれて、

バスを降りた私たちは、先に到着していたツアー客の一番後ろに並ぶ。

これから、ザトウクジラを見に行ってきます。

辺りを見渡すと、どうやら日本人観光客は私たちだけ。

乗船OKのサインが出ると、列はゾロゾロ船内へ。

外観からは想像がつかなかったけど、乗ってみると結構年季の入った船・・・(笑)

屋根付きのデッキ席を確保し、ひとまず落ち着いて、それから飲み物を注文しに。

レモネードとアイスティーを注文したのだけど・・・これがどれもマズっ(泣)

海外で飲むジュースが口に合わない方、もちろんいると思うけど

このマズさはそういう問題じゃない気がする・・・。

船上ティータイムはあきらめ(笑)

窓のない解放されたデッキで海風をたっぷり味わうことに。

出航した船は、ワイキキ&ダイヤモンドヘッドが一望できる場所まで辿り着いた。

c0193887_1013515.jpg

ハワイの冬は結構風が強い日が多いのだそう。

この日も強風のため、白波がたっていて、船が結構揺れる〜〜。

あまり船酔いはしない方だと思うけど、それにしても揺れ方が大胆で、

テーブルの上のマズいジュースが、何度となく落ちそうに・・・。

念のために酔い止めを飲んでおいて、体調はバッチリ♪

さてさて、本題のホェール ウォッチング。

残念なことに白波がたつと、クジラを探しにくいのだそう。

c0193887_13343857.jpgなかなか見つからない

せいか、気づけば

ダイヤモンドヘッドの

裏側まで来ている。

こちらから眺める

ダイヤモンドヘッドは

初めてだったので、思わずパチリっ。

・・・それにしてもクジラ、まだ見えません。

他のお客さんもそろそろしびれをきらしてきたかな~

と、その瞬間、英語しか話さないガイドさんが動き出した。

どうやら方向を、時計の針に例えて話しているのが聞き取れた。

1時の方向に何かが見えるの?

船内、四方八方にいたツアー客全員が、デッキの中の1時の方向へ

寄り添い合うように集まる。

どうやらクジラがいたみたい。だけど誰一人として確認できず、歓声もあがらない。

・・・また四方八方に散らばる。

そして数分後、またガイドさんがマイクを手に持った。

今度は2時の方向だそう。先程と同じように一斉に2時の方向へ集う。

すると、手を伸ばし「あそこだ~」(英語だったので、多分ね)と、

指し示すお客さんが。

「いた~!!!いたよ~!!!」私にもはっきり見えた。

c0193887_1323713.jpg


c0193887_132476.jpg


c0193887_1335990.jpg


c0193887_1341276.jpg


c0193887_138650.jpg


c0193887_13105310.jpg


c0193887_1383029.jpg


c0193887_1384273.jpg

途端にデッキの上は、喜びや歓声、口笛がなり、賑やかになる。

喜びや驚きに対してのリアクションは外国らしいな~

思わず周囲を見渡してしまう・・・。

でも、その瞬間、そうよねっ、喜びは大きく表現しなきゃっ、

この船唯一の日本人の私も、テンションあげて歓声をあげてみる♪

クジラはあっという間に遠くへ消えていってしまったけど、

気分は高まったまま、あちこちで記念撮影がはじまり、

見知らぬ外国の方が私たちも撮ってくれると。そんな交流も楽しかったり。

後でわかったのですが、私たちの見たクジラは、

どうやらザトウクジラの子どもだったよう。

毎年12月から4月頃にかけて、ハワイまで出産&子育てにやってくるザトウクジラ。

子どもたちが少し大きくなるまでハワイで過ごし、

そしてアラスカへ帰っていくのだそう。

その後、もう一度クジラを見ることができたけど、

あまりに遠くて小さかった〜(泣)

それでも人生初の、野生のクジラを見れたことは一生の思い出でした。
by monaca-333 | 2010-03-15 09:56 | 旅する コト
アサイって?

実は日本でガイドブックを眺めていて、初めて知ったフルーツ。

フルーツの名前なんだそうですが、日本ではまだあまり馴染みがないような気が。

でも、健康に気をつかってる方は、ご存知なのかも。

ポリフェノールやビタミンE、繊維がたっぷり凝縮された

パワーフルーツなんだそう。

ハワイへ訪れてから毎日食べていたら、日に日に体調が良くなったという

ガイドブックの記事を読んで、すぐ影響されてしまう私(笑)

ぜひ一度挑戦してみたかったのです。

ハワイではとってもポピュラーなものなんだそう。

実際あちこちで、アサイのサプリメントだったり、ドリンクだったり

そして今回いただいたアサイボールを見かけた。

ロイヤル ハワイアン ショッピングセンター内にある

『アイランド ヴィンテージ コーヒー』は、窓が開け放たれていて、

開放的で心地いい風が入る店内。こちらでいただいたアサイボール、

1人分の量ではないよ~(汗)というぐらいのボリュームでした。

c0193887_9383289.jpg

どちらのお店もこんなにスゴい量なのでしょうか・・・。

目をまんまるくしながらも、早速いただいてみると、

食感は濃厚で、味はブルーベリーに近いのだと思うけれど

なんとなく土っぽい味というか・・・例えが悪い?(笑)

嫌な感じの味ではないのだけれど、好みが分かれるかな~と。

トッピングのフルーツやグラノーラとの組合わせは美味しかったので、

私自身は想像していたよりも美味しくいただけました。

でもと~っても冷たい(驚)ので、食べ終わる頃には

店内の心地いい風にブルブルッ(笑)

まっ、何事も試してみないとわからないので、良い経験♪

滞在中、アサイボールをいただいたのは

結局この1回だけだったので、体調が良くなったかは・・・よくわかりません(笑)
by monaca-333 | 2010-03-14 09:32 | 旅する コト
ハワイで一番好きな場所『ロイヤルハワイアンホテル』

c0193887_9245062.jpg

私にとっても、きっとハワイを訪れる多くの方にとっても

The Hawaii!といえる場所なのではないでしょうか。

初めての海外、初めてのハワイ

ふらっと通りを迷い込んだ時に、目の前に現れた

脳裏に焼き付くようなピンク色の建物・・・

海と緑に囲まれたこの別名“太平洋のピンクパレス”を前に、

あまりにも衝撃的で、吸い込まれるようにその場に立ちすくんだこと、

今でも忘れられないのです。

以来、ハワイを訪れれば、必ず見に行きたくなる場所。

1927年創業のこちら、2008年、全館クローズをしてリニューアルをしたそうで

あのピンク色が変わってしまったらどうしよう〜と、不安に思っていたのですが

目の前にして・・・ホッ。“太平洋のピンクパレス”健在!

美しくて何度もため息・・・。

c0193887_9271779.jpgc0193887_9275546.jpg


c0193887_9281527.jpgc0193887_9291238.jpg


c0193887_9303995.jpgc0193887_9304826.jpg

ワイキキビーチ側から見るロイヤルハワイアンは、

白い砂浜と青い海に不思議なほどマッチしていて、

c0193887_9254854.jpg

反対側から見るロイヤルハワイアンは、濃い緑に囲まれ、

ノスタルジックな雰囲気が長い歴史を物語っている。

c0193887_9261436.jpg

どちらから見る景色も、対照的だけれど、その存在感はやっぱり圧倒的で美しい。

もしも、私が裕福になったなら〜

(↑お友だちが使う例えコトバで、とっても好きなコトバ。

経済的だけでなくなんだか心も豊かになりそうな・・・そんなコトバ。)

必ずやゲストとして泊まりに行きたいっ!!

ホテル内にあるロイヤルハワイアングッズを扱うお店のスタッフさんに、

そう宣言してきてしまいましたっ(笑)

・・・そう、夢は叶えるためにある!!

自分の心にもう一度言い聞かせてみる・・・。
by monaca-333 | 2010-03-13 10:30 | 旅する コト
今日は、ハワイの方の足“The BUS”を使って

オアフ島の北に位置する『ノース ショア』まで向かいます。

途中、『ドール プランテーション』へ立ち寄りながら。

c0193887_1620164.jpg

朝、ホテル近くのバス停から、バスに乗る。

“トランスファーチケット”(*)を受け取って、

行き先はアラモアナショッピングセンター前。

*最初に乗ったバスで運転手さんからトランスファーチケットを受け取り、

 下車後、乗り換え時のバスでこのチケットを渡すと

 乗り換え時のバス料金は無料となるチケット。


アラモアナショッピングセンター前からは、今度は「52番」のバスに。

「52番」、こちらがハワイを西回りに一周するバス。東周りからだと「55番」。

今の季節は“雨季”

短時間ながらもスコールが連続して降り、不安定なお天気が続く。

最初の目的地、『ドール プランテーション』へ向かう間も、ずっとそんなお天気。

さて、“The BUS”でのノース ショアは、前日記にも記しましたが

前回母と珍道中をした思い出の地。

今回は前回の教訓を活かして、日本で下調べをしっかりして行きました。

でないと、また辿り着けなくなるので〜(笑)

下調べありきの珍道中を、今回は目指しま〜す♪

Google マップのおかげで、下車する停留所名や、停留所周辺の実際の景色写真、

乗り継ぎ含めた時刻表までもを調べることができ、とってもスムーズに行けました。

それでも『ドール プランテーション』付近の停留所は1つ1つが距離があるので

間違えると、とんでもなく歩くハメに・・・。

ここは運転手さんに、着いたら教えてもらえるよう伝えておくことに。

かろうじて片言の英語が通じたようで「OK!」と快諾。これでひと安心。

無事、目的地の停留所で降ろしてくれました。

あいにくの雨に、昨日ハワイで買ったロングワンピースを着ていった私は

引きずりそうな裾を、両手で持ち上げるように

濡れたエントランスを進み、『ドール プランテーション』へ。

全くもって天気と合わない格好に、凹む。

まるで登山に、サンダルで挑むようなものだわ・・・。

(実際そういう方を尾瀬で見かけて仰天したことが・・・)

それでも『ドール プランテーション』を満喫した後は

再び「52番」のバスに乗り込み、今度は少し早いお昼をいただくために

ノース ショアにある“ハレイワタウン”の入口の停留所で下車。

下車すると目的地はすぐ目の前に。

今ノースショアで人気のシュリンプがいただける

『マッキーズ カフク スイートシュリンプ』というプレートランチのお店へ。

お腹をたっぷり満たした後は、ハレイワタウンをひたすら歩く!

そう、ひたすら・・・。

午前中悩まされたスコールも、今は青空に変わり

ジリジリ差す太陽と、爽やかな風がとっても気持ちいい。

しかし、今日は日曜日とあって、地元の方も観光客も大勢訪れている。

車は大渋滞、ランチをとるお店も長い列があちこちで。早いランチを済ませて正解。

ハレイワタウンでは、お馴染みの『松本シェイブアイス』にも立ち寄るが、

お客さんで溢れていたので、最後まで悩んだシェイブアイス、

今回はいただくのを諦め、次の目的地へ向かうことに。

バスへ乗り『ラニアケア ビーチ』へ。こちらで“ウミガメ”に会えるのだそう。

c0193887_16713.jpgかわいい“ウミガメ”さんに会えた後は、

先程降りた停留所へ戻り、

再び北へ向かうバスを待ちます。

続いて向かうのは『ワイメア ビーチ』

偶然にも大会が開かれていたので、

観戦しながらのんびりゆっくりできました。

時にはせっせと歩いたり、

時にはのんびりボーッとしたり、

そして忘れてならない美味しいものに

出会えたり、時間の過ぎるテンポが心地よく過ごせたノースショアでした。

c0193887_169230.jpg

帰りのバスは、1本私の目の前を通り過ぎてしまい、しばらく待ちぼうけ。

次のバスに乗り込むと、終点アラモアナショッピングセンターまで、爆睡(笑)

アラモアナに着いた私たちは、この旅初めての本格ショッピング。

あまりに大きくなったアラモアナショッピングセンターで携帯電話を落としたのは

・・・そう、私です。

片言では伝わらず、仕方ないっ、身体全体でジェスチャーを、数店舗で繰り広げ、

3店舗めで、OH〜Yes!!とスタッフの方。どうやらここにあるようだわっ!!

恥をさらしながらも・・・OH〜Thank you!!スタッフの方に抱きつき、

無事、手元に戻ってきたことにホッとしたのでした。

夜はなんだか色んな意味で少し疲れが出たのか(笑)

栄養をつけようと、ホテルの近くにあった『焼肉ヒロシ』へ。

苦しすぎるほどお腹いっぱい・・・

しかしホテルに戻っても、宵は終わらぬのです。

なぜなら数日前の私の誕生日を祝ってくださると・・・。

ありがたいのですが、まだ食べるのです・・・恐るべし。

ホテル前のロイヤルハワイアンショッピングセンターにある

『チーズケーキ ファクトリー』のケーキをいただきました。

こちら、レストランにもなっているのですが、滞在中、連日長蛇の列。

私たちは持ち帰ってホテルのテラスでいただくことに。

c0193887_16145960.jpgc0193887_161592.jpg

「凍っているから、2時間ほど解凍してから食べて」とお店の方から。

言う通りにしてみましたが・・・解凍しすぎたらしく、えらい崩れよう(笑)

早速いただいてみると、今までイメージしていた海外のケーキの甘さからは

驚くほど甘さを抑えてあって、想像していたよりもずっと美味しかったです。

海外で誕生日を祝っていただく機会も、

そうあることではないのかな〜と思い、感慨深く・・・またひと口。

もうお腹ははち切れてしまいました。

そのまま眠りにつくのは大変危険ですが

明日は今日よりもっと早起きしなければなりません。

まだまだ夜は長いワイキキですが、ひとあしお先におやすみなさ〜い。
by monaca-333 | 2010-03-08 13:53 | 旅する コト