グラフィックデザイナーをしています。日々気になるコト、モノ、ヒトなど綴っています


by monaca-333

ホェール ウォッチング ー in Hawaii ー

日本からインターネットを利用して、到着日の午後に

「ホェール ウォッチング」のオプショナルツアーを申し込みました。

集合場所まで迎えにきてくれたツアーバス、

船乗場のあるケワロ湾まで送迎してくれて、

バスを降りた私たちは、先に到着していたツアー客の一番後ろに並ぶ。

これから、ザトウクジラを見に行ってきます。

辺りを見渡すと、どうやら日本人観光客は私たちだけ。

乗船OKのサインが出ると、列はゾロゾロ船内へ。

外観からは想像がつかなかったけど、乗ってみると結構年季の入った船・・・(笑)

屋根付きのデッキ席を確保し、ひとまず落ち着いて、それから飲み物を注文しに。

レモネードとアイスティーを注文したのだけど・・・これがどれもマズっ(泣)

海外で飲むジュースが口に合わない方、もちろんいると思うけど

このマズさはそういう問題じゃない気がする・・・。

船上ティータイムはあきらめ(笑)

窓のない解放されたデッキで海風をたっぷり味わうことに。

出航した船は、ワイキキ&ダイヤモンドヘッドが一望できる場所まで辿り着いた。

c0193887_1013515.jpg

ハワイの冬は結構風が強い日が多いのだそう。

この日も強風のため、白波がたっていて、船が結構揺れる〜〜。

あまり船酔いはしない方だと思うけど、それにしても揺れ方が大胆で、

テーブルの上のマズいジュースが、何度となく落ちそうに・・・。

念のために酔い止めを飲んでおいて、体調はバッチリ♪

さてさて、本題のホェール ウォッチング。

残念なことに白波がたつと、クジラを探しにくいのだそう。

c0193887_13343857.jpgなかなか見つからない

せいか、気づけば

ダイヤモンドヘッドの

裏側まで来ている。

こちらから眺める

ダイヤモンドヘッドは

初めてだったので、思わずパチリっ。

・・・それにしてもクジラ、まだ見えません。

他のお客さんもそろそろしびれをきらしてきたかな~

と、その瞬間、英語しか話さないガイドさんが動き出した。

どうやら方向を、時計の針に例えて話しているのが聞き取れた。

1時の方向に何かが見えるの?

船内、四方八方にいたツアー客全員が、デッキの中の1時の方向へ

寄り添い合うように集まる。

どうやらクジラがいたみたい。だけど誰一人として確認できず、歓声もあがらない。

・・・また四方八方に散らばる。

そして数分後、またガイドさんがマイクを手に持った。

今度は2時の方向だそう。先程と同じように一斉に2時の方向へ集う。

すると、手を伸ばし「あそこだ~」(英語だったので、多分ね)と、

指し示すお客さんが。

「いた~!!!いたよ~!!!」私にもはっきり見えた。

c0193887_1323713.jpg


c0193887_132476.jpg


c0193887_1335990.jpg


c0193887_1341276.jpg


c0193887_138650.jpg


c0193887_13105310.jpg


c0193887_1383029.jpg


c0193887_1384273.jpg

途端にデッキの上は、喜びや歓声、口笛がなり、賑やかになる。

喜びや驚きに対してのリアクションは外国らしいな~

思わず周囲を見渡してしまう・・・。

でも、その瞬間、そうよねっ、喜びは大きく表現しなきゃっ、

この船唯一の日本人の私も、テンションあげて歓声をあげてみる♪

クジラはあっという間に遠くへ消えていってしまったけど、

気分は高まったまま、あちこちで記念撮影がはじまり、

見知らぬ外国の方が私たちも撮ってくれると。そんな交流も楽しかったり。

後でわかったのですが、私たちの見たクジラは、

どうやらザトウクジラの子どもだったよう。

毎年12月から4月頃にかけて、ハワイまで出産&子育てにやってくるザトウクジラ。

子どもたちが少し大きくなるまでハワイで過ごし、

そしてアラスカへ帰っていくのだそう。

その後、もう一度クジラを見ることができたけど、

あまりに遠くて小さかった〜(泣)

それでも人生初の、野生のクジラを見れたことは一生の思い出でした。
by monaca-333 | 2010-03-15 09:56 | 旅する コト