グラフィックデザイナーをしています。日々気になるコト、モノ、ヒトなど綴っています


by monaca-333

優勝おめでとう!!! ー猪苗代の旅ー

会場の『リステルスキーファンタジア』

モーグル会場へは、リフトに乗った先で、リフト待ちの長蛇の列。

とりあえずおトイレへ行きたいと母。じゃあ私も〜。

すると目の前から上村愛子選手がっっっ!!!会場入りするタイミングにバッタリ。

とっても間近で、それも「愛ちゃん頑張って!!」と声がけすることもできて

なんだかもうそれだけで胸がいっぱい。

愛ちゃんの表情は非常にかたいものだったけど、集中しているのがよくわかった。

それにしても、思っていたよりとっても小さい彼女。

どこからあんな迫力ある滑りができるんだろう〜。

そしてとっても美人さん〜。同姓から見てもあの美しさにはホレボレ。

私たちは早めに上がって、第2エアの辺りで観戦しようと

長蛇の列のリフト待ちをよそに、上まで歩くことに(笑)

こちらの方が早かったので・・・。でも登りきった時には汗だく(笑)

会場はあっという間に人でいっぱいで、それでも結構良く見える場所を確保♪

c0193887_22591952.jpg

それにしてもなにこの傾斜は〜!!コワいぐらい。

こういうのはやっぱりナマで見ないとわからなかったな〜。

今大会のコースは、難コースと言われていたけれど、ここまでとは・・・。

観戦する私たちまでも、この傾斜に奮闘するとは思わなかった(笑)

公式練習がはじまる。

今回出場の女子日本選手は、里谷多英選手、伊藤みき選手、村田愛里咲選手が出場。

初めて間近で観るモーグル!!練習から迫力ある滑りに圧倒〜。

女子が終わると、続いて男子。

男子日本選手は、附田雄剛選手、西伸幸選手、上野修選手、尾崎快選手が出場。

これまた身体のつくりが女子とは違うよね〜というぐらいのスピードと迫力。

c0193887_23132922.jpgん〜っ、予選が楽しみ!!

上村愛子選手が出てくると、

観客一斉にアイココール!!

私も負けじと叫ぶ!

母も負けじと叫ぶ!

愛ちゃん頑張って〜!!!

c0193887_2315570.jpgいや〜っ、身震いする(笑)

それにしても膝が柔らかい。

ターンのスピードがずば抜けて速い。

結果、上村愛子選手

予選をダントツ1位で決勝進出!(22.31点)

続いて男子予選。

c0193887_23141152.jpgう〜っっ!!やっぱりスピードが違うっ!!

溜め息もの〜。

日本選手も健闘しました。

男子の予選も終了すると、休憩時間に。

私たちはお昼も食べず、辛抱強く待機。

だってちょっと動こうもんなら、

c0193887_23155191.jpgあっという間に場所が埋まってしまうんですもの〜。

ダイエットにいいよね〜と母、なかなか頼もしい(笑)

それにしてもこの傾斜で立つ姿勢が、結構ツライ。

ふくらはぎパンパ〜ン。

競技が始まると忘れてしまうんだけどな〜。

早く決勝はじまっておくれ〜。

c0193887_23161325.jpg午後になると再び公式練習から。

男女ともに練習が終わると、

アナウンスがかかる。

すると、第2エア付近に選手が集まり、

選手ひとりひとりが紹介される。

紹介された選手は、

観客の拍手に答えながら、ゴール地点へ滑っていく。

このさまが、どの選手もカッコいい。ちょっと鳥肌ものでした。

c0193887_22583644.jpg

全員の紹介が終わると、気持ち新たに決勝スタート。

どの選手も予選の時とは違って、スピードも早いし、エアもバチッと決めてくる。

日本選手は、伊藤みき選手が良い滑りだった。

そして上村愛子選手の出番。

予選の時より声援が大きくなり、私も母も、またまた負けじと叫ぶ!!

うぅ〜っっ、なんだか涙出そう。

興奮と緊張と、この瞬間を観ることができる幸せに、思わす涙腺が・・・。

よしっ!決勝は写真撮らない。自分の目で観ることにする!

第1エアをしっかり決め、そしてターンが速いっ速っ!

第2エアはもう美しいのひと言。飛んだ瞬間は、まるでスローモーションのよう。

ラインを踏み込む前にガッツポーズをきめ、飛び上がる愛ちゃんの姿が

確実に優勝を感じとっていたようだった。

きっと本人のなかでも最高の滑りだったんだと思う。

c0193887_2336137.jpg画面に得点(24.71点)と順位が出た途端、

再び飛上がる愛ちゃん。

結局、ここで私は泣いてしまった〜。

圧倒的な強さで優勝を勝ちとった。

c0193887_23383516.jpg

嬉しそうで、幸せそうな表情に、私も母も「おめでと〜!!」と叫ぶ。

さて、興奮冷めやらぬまま男子決勝がはじまりました。

が、帰りの電車の時間の関係で、途中までしか観ることができず、残念〜。

観戦できた幸せを噛みしめながら、

またまたリフトに乗らず、歩いて会場をあとにするのでした。

帰りの電車の中でも思いだすばかり。

試合前の表情が嘘のように、笑顔だった愛ちゃんが印象的だった。

周りへの気遣いを大切にする彼女は、

以前からメンタル面の弱さを、自他共に言われてきて

今回は笑顔を封印して勝負に集中したんだとか。

でも、結果がこういう形でついてきて、皆さんに恩返しできたのでは・・・と、

後になってコメントしていた。

競技者としてのメンタル面の弱さは、確かにマイナスなのかもしれないけれど

私はやっぱりこの上村愛子という人間が好きだな〜と改めて思った。

そして、乗り越えるための努力を惜しまなかった

彼女の頑張りに、そこから得た結果に、

やっぱりまたエネルギーをもらったような気がする。

バンクーバーオリンピック代表内定1号となった愛ちゃん、

ケガだけには気をつけて、上村愛子らしく挑戦してほしい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 モーグル結果(女子)

1位 上村愛子

2位 ジェニファー・ハイル選手(CAN)、

3位 ニコラ・スドバ選手(CZE)

伊藤みき選手は4位、里谷多英選手は9位、村田愛里咲選手は決勝進出ならずでした。

 モーグル結果(男子)

1位 パトリック・デニーン選手(USA)

2位 タピオ・ルースァ選手(FIN)

3位 ビンセント・マーキス選手(CAN)

西伸幸選手が4位、附田雄剛選手は7位、尾崎快選手は16位、

上野修選手は決勝進出ならずでした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
by monaca-333 | 2009-03-07 22:47 | 旅する コト